• 発表会をビデオ撮影!オーケストラ・吹奏楽を撮影する際の注意点
  • HOME
  • 発表会をビデオ撮影!オーケストラ・吹奏楽を撮影する際の注意点

発表会をビデオ撮影!オーケストラ・吹奏楽を撮影する際の注意点

オーケストラや吹奏楽を撮影する際の注意点!発表会のビデオ撮影はお任せください!

オーケストラや吹奏楽などの発表会のビデオ撮影は、全体的な構図がポイントです。無駄な空白ができないように上下左右のバランスを意識して撮影します。真正面からではなく角度をつけるのもよいでしょう。

オーケストラ・吹奏楽など発表会のビデオ撮影は全体的な構図を考えよう!

クラシックコンサート

ビデオ撮影は、オーケストラや吹奏楽、ピアノの演奏会などステージを使用した発表会においても、不可欠といえます。

しかし、撮影対象が人物だけでなく楽器も加わることや、大人数となるため、撮影技術が求められます。発表会でのビデオ撮影のコツは、全体の構図がポイントです。どのようなポイントがあるのかをご紹介いたします。

特定の人物を撮影する場合の注意点

例えば、吹奏楽の発表会で特定の撮影対象者がいた場合、人物を映像の中央に置いていませんか?ソロパートなどの見せ場には、その人を画面の中心に大きく写しがちです。

しかし、実際に撮影してみると「あまり見栄えしない」映像となってしまうのです。

構図のコツは「撮影対象者の向き」と「撮影対象者と楽器のバランス」です。

人物を中央に置いて真横から撮ってしまうと、画面の左右の空間がアンバランスになります。

例えば、ピアノの演奏者はピアノに向かっているので、どうしても真横から撮りがちです。そして人物を中央に置くと、背中側にスペースができてしまいます。

この場合は、人物を中央に映しながらも角度をつけて撮影するとバランスがよいです。画面のスペースが埋まり立体感も生まれます。特にオーケストラや吹奏楽などの演奏発表会のビデオ撮影は、「楽器を弾く」という動きもきれいに映し出せていることが必要です。角度をずらすことで、手元も見えるとより質の高い動画となります。

また、中央をピアノ側にずらすのも1つの方法です。人物とピアノで画面が埋まり、バランスよく配置されていることで「よい構図」をつくり出し臨場感あふれる映像を撮ることができます。ピアノなど大きい楽器を画面にすべて収めようとすると人物が小さくなりすぎてしまいますので、あくまでバランスが大切です。ピアノなら鍵盤部分を中心に画面に収めることが、きれいな構図を作るコツといえます。

全体的に「引き」で撮影する場合の注意点1

全体的に映るように撮影を行う場合は、セーフティーエリアを確認しておきましょう。

セーフティーエリアとは、ビデオ撮影をした映像をどの表示機器でも問題なく見ることができる映像範囲のことです。

セーフティーエリアには2つの範囲が定められています。

アクションセーフ

画面を上下左右の全体から90%縮小した範囲。この範囲外は表示機器によって見られない可能性がある。

タイトルセーフ

画面を上下左右の全体から80%縮小した範囲。文字情報はこの範囲内に収める。

「せっかくきれいに撮影したのに、テレビに映したら切れてしまった…」ということがないように、ある程度余裕を持った範囲で撮影することがおすすめです。

全体的に「引き」で撮影する場合の注意点2

引きで撮影する場合は、上下のバランスに注意が必要です。バランスを考えると余計なものが写ってしまうこともありますが、何を優先させるか迷った場合は、バランスを重視した方がよいです。

細かく見れば必要ないものが入っていても、パッと見た時の印象が違います。ベターな構図を探してバランスのよい撮影を意識することが大切です。

構図の難易度が高いステージ発表会!ビデオ撮影はプロに依頼しよう

トランペットを吹く女性

オーケストラ・吹奏楽など発表会を見るときは、演奏者など見たい人物に目が行くものです。しかしビデオ撮影の場合は、見たい人物に焦点を当てるよりも全体的な構図が大切になります。

特定の撮影対象者がいる場合は、撮影対象者だけでなく楽器とのバランスを考えると無駄な空白スペースがなくなります。

上下のバランスも意識してみましょう。さらにテレビなど他の機器に表示することを考え、実際にテレビで見たい範囲よりも広めの範囲を映すと「セーフティーエリア」に収めることができます。

構図は映像の質に関わる重要なポイントですが、全てのことを念頭に入れて撮影するのは簡単ではありません。発表会は頻繁にあるものではありませんので、慣れないことも多いかもしれません。

ストーンフラワーでは、DVD1枚2,000円からご依頼を承っています。大切な思い出を映像に記録することで、いつまでも色褪せない状態で残しておくことも可能です。

神戸国際フルートコンクールの撮影経験もあり、オーケストラ撮影の技術には自信があります。オーケストラ・吹奏楽など発表会のビデオ撮影はぜひお任せください。

バレエの発表会のビデオ撮影をプロに依頼するならストーンフラワーへ

会社名 株式会社 ストーンフラワー
代表取締役 小林史章
住所 〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町76-2 明海三宮第2ビル3階
TEL 078-321-6107
事業内容
  • ネット配信
  • YoutubeLive
  • Youtube
  • ZOOM配信代行
  • 幼稚園のビデオ撮影
  • 小学校音楽会のビデオ撮影
  • イベントのビデオ撮影
  • 手術手技ビデオ撮影
  • 動画変換
URL https://stoneflower.net/